ABCRの概要

事業者名

ABCR

代表者

菅原 航陽

開業年月日

2014年8月1日

所在地

東京都狛江市中和泉4-17-1-107

事業内容

トレーニング・ランニングの指導

健康に関する相談及び助言・指導

ランニング・健康づくりに関するイベントの企画

スポーツ・フィットネス・健康関連商品の販売業務

上記に関わる情報の提供

代表 菅原航陽とABCRの沿革

1997年

小学校の体育で「走り方」を習う(先生は市民ランナー)

1998年3月

転校を機に、以前から患っていたシーバー病もあり、野球をやめる

2000年4

シーバー病の痛みが無くなった事を機に、友人の誘いで陸上部に入部

2000年5月

新たに発覚したフライバーグ病により、選手を断念。悔しいので部に残り、陸上競技の勉強をして、中長距離ブロックのコーチという立場になる。

2001年8月

TBSが映らない秋田で、BSデジタル導入をきっかけに、初めて世界陸上を見る。受験勉強そっちのけで全競技録画視聴。

2001年8月~

陸上競技の指導者になる夢を抱き、志望校を変更して勉学に励む。

2002年4月~

高校入学後、中距離選手として陸上部入部も、中学で体育も出来なかった分、怪我続き。

2002年7月

目指していた大学に実技試験がある事を知り絶望するが、ちょうどその年に早稲田大学スポーツ科学部が開講。志望先を変更する。

2002年12月

怪我続きでほぼ走れない日々を送っていた為、サポート側に。以後、マネージャー兼トレーナー兼コーチとして部員生活を過ごす。

2004年5月

高校3年生の春、東北大会での勝負を目指していた4×100mリレーのエースを肉離れさせてしまった後悔から、大学ではトレーナーとして学ぶ事を決意

2005年4月

早稲田大学スポーツ科学部へ入学。ならびに早稲田大学競走部へ入部。学生トレーナーに。

2006年6月

早稲田大学競走部、退部。

2007年7月

ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18トレーナーに就任。

2008年3月

同、退職。

2009年9月

その後しばらく暗黒の日々を過ごしたのち、早稲田大学スポーツ科学部卒業。ニートになる。

2010年6月

某企業に就職するも、試用期間でクビになる。

2010年9月

フリーターになり、スポーツ用品販売店でアルバイトを始める。これが再出発の経緯となる。

2012年5月

もう戻らないと誓っていたトレーナーとして再出発すべく、再上京。同系列の店舗でスポーツ用品の販売をしながら少しずつランニングレッスンなどを始める。

2012年9月

「をたらん!」を開始。

2013年8月

株式会社フィジカルラボに入社。

2014年8月

上記を退職し、ABCRを開業。

2015年4月

ABCRコンディショニングサロン開設。

2016年8月

ABCRリニューアル。ABCRアスレティッククラブ創設。

2016年10月

ABCR秋田支部を設立。

2017年1月

ホームページリニューアルオープン